ポプラ法律事務所の法律相談・弁護相談の流れのご説明
まずはお電話ください
ひとりで悩まずに
弁護士と一緒に考えましょう
トラブルを抱えてお困りになっていることや、今後経営を進めたり生活を送っていく上で気にされていることなどをお聴きし、ご回答いたします。相談は基本的に当事務所でお聴きしておりますが、場合により出張相談も承りますので、まずはお問い合わせください。
大阪の弁護士相談のご相談の流れ
大阪の弁護士事務所、ポプラ法律事務所の弁護士相談のご相談の流れ-1 大阪の弁護士事務所のご相談の流れページの電話

予約

電話やメールでご相談にお越し頂く日時をご予約願います。
この時点で、お抱えの法律問題の概要を伺うことがありますが、 原則として電話やメールによる法律相談は受け付けていません。このため、電話やメール限りで回答をすることは予定していません。 法律相談は、当事務所において行いますが、状況によっては、出張相談に伺うことができる場合があります。

弁護士へのご相談の流れページの矢印
弁護士へのご相談の流れ-2 弁護士へのご相談の流れページの会議室

法律相談 ①事実関係等の整理

事務所にて詳しい事情を伺います。このとき、事前に、関与している人物や事実経過の時系列などを メモ書き程度のものでも準備しておいて頂けると、相談時間を有効に使うことができますので有意義です。
また、契約書その他の書類などがあるときは、ご自身で取捨選択せずに、さしあたって意味のある書類かどうかの判断を しないままで結構ですので、その全てを持参頂くことをお勧めします。 (ご自身では、関係ないと思われる書面に、重要な意味がある場合があります。)
もちろん、ご自身で状況を整理するのは無理だ、あるいは、自分ではできないからこそ相談したい、ということであれば、お話しを伺いながら、一緒に状況を整理してゆきます。

弁護士事務所、大阪のポプラ法律事務所のご相談の流れページの相談者の意向

法律相談 ②相談者の意向

法律相談では、前提となる事実関係等の整理(①)が必要ですが、あわせて、あなた自身はどうしたいと思いますか、 という点も伺います。
どうしたいかも分からない、想像もつかない、という状況であれば、より望ましい解決に向けた方法論を考えてゆくことになります。 「このようにしたい」というお考えがある場合には、それをお聞かせ頂くことになります。相談者のご意向をふまえ、 そのご意向の実現が可能な方法があるかどうか、その方法を取ろうとするとき起こってくる問題、実現が可能な 方法がないときはその旨及び次善の策などを検討します。

弁護士相談のご相談の流れページの矢印
弁護士相談のご相談の流れ-3 弁護士相談のご相談の流れページの方針の決定/妻鹿弁護士

回答

法律相談に対する回答は、原則として法律相談の席上で行いますが、事案が複雑な場合には、 回答を留保してご相談をお預かりする場合があります。 (当日は概括的な回答に留め、必要な調査、評価を加えた上で、後日回答する場合があります。)
また、ご持参頂かなかった書類等で、意味のある書類等があると思われるものがあるときは、 別途機会を設けてその書類等を拝見した上で、回答する場合があります。

弁護士事務所、ポプラ法律事務所のご相談の流れページの矢印
弁護士事務所、ポプラ法律事務所のご相談の流れ-1 弁護士事務所、ポプラ法律事務所のご相談の流れページの方針の決定

方針の決定

弁護士から、相談内容に対する回答を行ったときは、その後、次のようになります。
① 法律相談限りで終了する。
② 弁護士が委任を受けて、事案の解決に向けた法律事務に
  着手する。

②については、事案の内容により様々ですが、大きなくくりとしては、弁護士が代理人として介入して交渉を 試みるか、あるいは、訴訟や仮処分、調停などの法的手続きに及ぶか、ということになります。
訴訟などの法的手続きを、既に相手から起こされている場合には、弁護士が代理人として受任するかどうか、という判断になります。
既に相手に代理人がついていて、何事かを請求されていたり、相手との話し合いの余地がありそうな場合には、 代理人として介入して交渉を試みることが、解決のために望ましいかもしれません。
他方で、債権回収などで相手の資産を即時に押さえる必要がある場合や、相手とは到底話がつきそうにない 場合には、直ちに法的手段に及ぶほうが望ましいといえると思われます(あるいは、法的手段に及ばざるを得ない、といえるかも知れません。)。
自己破産であれば、会社、個人を問わず、どういった時点で、受任通知を発信するかを見極める必要があります。
ご相談者が、法人、事業者の場合で、継続的、不定期的に発生する法律事務の処理を希望される場合は、顧問契約の 締結をご案内させて頂く場合があります。

弁護士法律相談のお申込
大阪の弁護士が法律から社会をみるリーガルニュース
不動産取引におけるトラブルや企業法務などに強い弁護士なら、大阪の弁護士事務所、ポプラ法律事務所の妻鹿直人弁護士、姜永守弁護士による法律相談
不動産取引のチェック
弁護士は大阪の弁護士事務所、ポプラ法律事務所の法律サービスの取り扱い分野
法人向けメニュー

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/不動産取引関連のトラブルに関する法律サービス/不動産取引賃貸借トラブル、不動産取引賃料増減額請求トラブル、不動産売買契約トラブル、不動産取引固定資産税対策、不動産取引区分建物の管理、不動産取引境界確定トラブル、不動産取引明渡請求、不動産取引借地借家法

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/企業法務に関する法律サービス/企業法務の契約書の作成・点検、企業法務の体外的な業務文書、企業法務の経営改善計画策定支援、企業法務の経営者保証に関するガイドライン、企業法務の事業承継

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/労働法・労務管理に関する法律サービス/解雇に関する労働法・労務管理、採用・労働契約に関する労働法・労務管理、残業代に関する労働法・労務管理、就業規則に関する労働法・労務管理、労働災害に関する労働法・労務管理

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/倒産・債権回収に関する法律サービス/倒産に関する民事再生法、倒産における自己破産、賃金・売掛金・未収金回収、倒産・債権回収時の民事保全・強制執行、取引先の破産に関する対応

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/交通事故に関する法律サービス/交通事故の保険金請求、交通事故の損害賠償金請求

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/消費者問題に関する法律サービス/投資被害の消費者問題、クーリングオフ時の消費者問題、中途解約時の消費者問題、敷金返還時の消費者問題

個人向けメニュー

ポプラ法律事務所/離婚問題に関する法律サービス/離婚時の別居、離婚時の婚姻費用、離婚時の財産分与、離婚時の慰謝料、離婚時の親権者、離婚時の養育費、離婚の方法・離婚原因

ポプラ法律事務所/遺言相続等に関する法律サービス/遺言、遺留分、相続放棄、生前贈与、寄与分、相続税、成年後見・任意後見

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/不動産取引関連のトラブルに関する法律サービス/不動産取引賃貸借トラブル、不動産取引賃料増減額請求トラブル、不動産売買契約トラブル、不動産取引固定資産税対策、不動産取引区分建物の管理、不動産取引境界確定トラブル、不動産取引明渡請求、不動産取引借地借家法

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/交通事故に関する法律サービス/交通事故の保険金請求、交通事故の損害賠償金請求

弁護士事務所、ポプラ法律事務所/消費者問題に関する法律サービス/投資被害の消費者問題、クーリングオフ時の消費者問題、中途解約時の消費者問題、敷金返還時の消費者問題

大阪で企業法務や労働法・労務管理、倒産・債権回収に強い法律顧問の弁護士や顧問弁護士をお探しならポプラ法律事務所
法律顧問・顧問弁護士を
お探しの企業様へ
ポプラ法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目3番25号
梅田プラザビル5階
E-mail : info@poplar-law.jp